情報

情報
精神疾患専門の社労士に依頼すべきか?

精神疾患専門の社会保険労務士に依頼する際は、精神疾患に関する社労士の知識や経験を確認することをお勧めします。

続きを読む
情報
診断書の現症日について

診断書には、障害の状態(〇年〇月〇日現症)の欄があり、いつ時点の障害状態かわかるようになっています。 障害年金を請求する時に、この現症日が間違っていれば受付けしてもらえませんので注意が必要です。 よって医師に診断書を依頼 […]

続きを読む
情報
初診日の証明書について

障害年金の請求において初診日の証明書を提出することが必要です。
しかし、この初診日の証明書を取得できないケースがありますので、その時の対応方法についても説明したいと思います。

続きを読む
情報
障害等級の目安について

精神障害について、等級が何級に決定するかは診断書の記載内容からわかります。「精神の障害に係る等級判定ガイドライン」に記載がありますので、説明したいと思います。

続きを読む
情報
納付要件を満たしていない場合

障害年金を受給するためには納付要件を満たしている必要があります。
仮に納付要件を満たしていない場合は初診日がかわる可能性がないかを考えてみてください。

続きを読む
情報
働いていると障害年金はもらえない?

「働いていると障害年金はもらえない」とは限りません。障害者雇用枠で働いていたり、一般就労であっても職場の配慮や援助があり、はじめて働けている場合は、障害年金をもらえる可能性があります。

続きを読む
情報
診断書の重要性

診断書の記載内容が障害年金の決定において重要です。普段の診察で、日常生活に支障があることをうまく伝えてない場合は、診断書依頼する時にメモを渡すと良いでしょう。

続きを読む
情報
「障害年金申請代行ホープ」の名前の由来について

「ホープ」は英語で希望という意味です。障害年金を受給することが、明日につながる希望になってほしい。そういう思いを込めて、「障害年金申請代行ホープ」と名付けました。

続きを読む